So-net無料ブログ作成

2012年 日本シリーズ 誤審!?動画 多田野数人vs加藤建

スポンサーリンク




2012年日本シリーズ 誤審!?動画 多田野数人vs加藤建

2012年日本シリーズ第5戦において4回の巨人攻撃中、バント
の構えをしていた加藤建に投じた多田野数人の球はインハイ
を付くストレート。


そこで、あろうことか日本シリーズという大舞台で誰が
見ても分かりやすい誤審が発生しました。





ってか、これは完全に頭に当たってませんね。
動画の中でも、ボールがバットに少しあたってるだけで、
加藤選手の顔には当たっている気配は無いですね。
あたったのはバットのようです。
解説でも誤審といってます


そもそもこの球審。加藤選手が倒れこんだ時はファウル
判定をしています。
それが、当たった加藤選手の様子を見に来た原監督の抗議で
あっさりと判定覆し。


球審って、こんなにあっさり判定覆すもんなの?
自分の判定に自信がないんでしょうかね?


この球審、以前も誤審をやっているようです。
こんなレベルの審判が日本シリーズで球審をしているって
こともどうかと思いますね。


他のスポーツでは、サッカーはゴール判定に測定器を導入
するような話もありますし。

柔道ではジュリーというシステムがあって、主審、副審以外に
ビデオを見ながら審判の判定が正しいかどうかの判定をしている
人たちがいるとうです。


野球も似たシステムを導入すればいいのに思いますね。


ところで、サッカーといえば、ファウルを貰うとかよく言いますよね
大げさな痛がり方や、大して相手選手とぶつかってないのに
転んだりとか、オーバーアクションをして審判の気をひいてファウル
貰ったりすることがあるのですが。


そういった見方でいくと、加藤選手は死球をもらいにいったって感じですね。成績見ると、
大した打率残せてないし、塁に出るために演技をしたといった感じですね。

まぁ、それにまんまと引っかかった、審判も審判ですが・・・

でも、あの程度の演技だったら、サッカーで言えばシミュレーション
といって、反則とられたふりをして、審判に有利な笛を吹かせようと
する行為にあてって、逆に加藤選手が反則取られるレベルでしたね。


一番不幸だったのは、退場させられた、多田野選手でうね。



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。